地域インターンシップの在り方を考える、シンポジウムに参加しました!

3月6日、東京で行われた内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が主催するシンポジウムにCAMPキャプテン・佐藤裕が登壇しました。本イベントでは「地域で見つける輝く企業!~学び・気づきを提供できる、地域でのインターンシップ推進のために~」をテーマに、各自治体や大学、NPOなどの関係者が参加。首都圏在住の学生を対象としたUターン就職の促進等について考えながら、地域ごとの事例や取り組みについて情報発信・共有が行われました。

第一部の基調講演では、佐藤裕がCAMPでの活動をはじめ、最新の就活マーケットや学生動向などについて紹介。都市部のインターンシップや学生の特徴などを踏まえた上で、地方ならではの魅力の打ち出し方や学生へのアプローチ方法について提案しました。続く第二部のパネルディスカッションでは、自治体や大学、NPO、企業といったそれぞれの立場から地方創生インターンシップに取り組んでいる方々がパネリストとして登壇。佐藤裕の司会進行のもと、各地域での最新のインターンシップやUターン就職の支援事例、そこから得られた気づきや課題についての議論を展開。地域の特性を活かした細やかなプログラムやサポート体制により、多くの学生に地方企業の魅力を発見させるきっかけを生んでいるなど、興味深い取り組みが紹介されました。

今回のイベントでは、学生が「はたらく」を考えるための学びの場が都市部同様、地方でも様々な企業や団体によって用意されていることが分かりました。学生の皆さんには、ぜひそうした機会に積極的に参加してもらいたいと思いますが、その際に気をつけてほしいのはインターンシップに参加すること自体を目的にしないということです。そうではなくて、その経験から社会の裏側やリアルを捉えるなど、何かしらの学びや気づきを得ることを意識してください。大切なことは学生の皆さんが目指すべき未来を見据え、今、自分にできることとしっかり向き合うことです。都市部・地方に関係なく、情報やチャンスは様々なところに転がっているので、視野を広く持ちながら自分の選択肢や可能性をどんどん広げてほしいと思います。