• 読みもの
  • はたらく大人図鑑

興味で始めたInstagramで、新時代のPRプランナーに。 仕事を“まずは自分が楽しむ”ポジティブマインドの作り方。

興味で始めたInstagramで、新時代のPRプランナーに。 仕事を“まずは自分が楽しむ”ポジティブマインドの作り方。

様々な大人の“はたらく”価値観に触れ、自分らしい仕事や働き方とは何か?のヒントを探る「はたらく大人図鑑」シリーズ。今回は、シューズブランドの販売員から、PRディレクターへと転身した石山明日香さん。SNSを駆使した独自のマーケティングで新しいPR施策を次々と生み出し、ファッションブランドやフェスのPRとして活躍しています。自然と周りを引き寄せる明るい人柄の石山さんに、仕事を楽しむポジティブオーラの秘訣を探ってみました。

周りに流された就活、将来への不安を抱えていた販売員時代

PRディレクターというのはどういったお仕事なんでしょうか?

石:企業やファッションブランドから依頼を受け、新商品・新店舗・イベントを、テレビ・雑誌・Webサイトといったメディアで紹介してもらうための企画や施策を考え、実際のオンエアや掲載に結びつけるというのが主な仕事内容ですね。

SNSディレクターも兼任されているんですね。こちらはどういった内容になるんですか?

石:SNSはもう少しコアなターゲット層に向けたPR施策です。

例えばブランドの新商品をインフルエンサーにSNSでアップしてもらい商品の良さをアピールしてもらったり、イベントやパーティーにご招待してそのイベントの楽しみ方を紹介してもらったりですね。

SNSを駆使してお仕事されているんですね!なんだかとても今っぽいお仕事です。

学生時代から元々こういったお仕事をしようと思われていたんですか?

石:いえ、大学が室内建築科だったので、最初はインテリア会社の説明会などに参加していたんですけど…。

途中で「これって本当にやりたいことなのかな?」って疑問を持ち始めちゃって。

なのであまり積極的に就職活動はしていなかった方だと思います(笑)

就活自体も周りの空気に流されてやり始めたって感じでしたし。

卒業後すぐのファーストキャリアとしては、アパレルの販売員として働かれているんですよね。どういったきっかけで働き始めたんですか?

石:就活をしている頃に昔から好きだったシューズブランドが日本に上陸することを知ったんです。すぐに販売員に応募して、大学卒業後の1年間働いていました。

その頃ってどんなことを考えていたり悩んでいたりしましたか?

石:販売員時代はあまり忙しい店舗ではなくて…。大好きなブランドだったんですが、店頭に立っている間、「この先ずっとこんな風に時間を過ごしていっていいのかな…」って将来への不安を抱えていたような気がします。

そこからPR会社へ転身されるきっかけは?

石:何か新しいことを始めたい!と思っていた時にPR会社のインターンのお誘いを受けたんです。販売の仕事は平日2日間お休みがあったのでその日をインターンにあてて。

そこから今の会社に声をかけていただき、本格的にPRの世界に飛び込みました。

PRの世界へ。好きでやっていたSNSが仕事のツールとして活躍

PRに元々興味はあったんですか?

石:そうですね。学生時代はファッション雑誌のインターンとしてパーティーを企画したり、PRマーケティングについて学んだりしていたので、基礎的なことは知っていたし興味のあるジャンルでした。

PR会社に入社されたことが石山さんにとっての“キャリアの転機”ですか?

石:はい。それまでWeb上のプロモーションといえばブログがメインだったんですが、私が入社した当時、ちょうどInstagramが世の中的にも周知され始めた時期で。

そういったSNSを利用したPR施策をクライアントが徐々に求め始めた時期だったと思います。

早い段階からInstagramをやられていたんですか?

石:結構早くからやっていた方だと思います。

当時から気になる子たちをフォロー&チェックしていたので、すぐに仕事のツールとして使い始めることができました。

入社当時からSNSを仕事として活用されていたんですね。

石:「○○に興味があって影響力がある子をパーティーに招待したい」ってクライアントからオファーを受けたら、すぐに自分のフォローしてるトレンドに敏感な人たちやカルチャーに精通してる人たちを提案したり。

意識せず好きでやっていたことがビジネスに繋がったんですね。

石:タイミングが良かったんだとも思いますが、ナチュラルに仕事に結びついていったという印象です。

入社してすぐはPRの基礎を学びながら、自分の好きな分野であったSNSを使っての企画案を徐々に出していったって感じですね。

仕事は人生を豊かにするもの。まずは自分が楽しむを目標に

石山さんが“はたらく”を楽しむために必要なことはなんだと思いますか?

石:常にポジティブでいること!仕事でミスしても、おいしいご飯を食べてたっぷり眠って「今日も生きるぞ!」って感じで、切り替えは早い方かと(笑)

すごく強いですね!(笑)それでも仕事が辛いときや壁にぶち当たった時はどうされているんですか?

石:仕事に対してモチベーションが下がっちゃう時は、映画を見たり本を読んだりして気分転換。

「働くって良いことだな!」って思える映画やビジネス書を読んで「あー、こんなことで凹んでいられないな」って自分を鼓舞する感じです。

自分で自分を楽しくさせる方法を実践されてるんですね。

石:あとは、仕事を自分が楽しめるように仕向けること。

企画を考える時も「自分だったらこうだと楽しいな」っていう考え方が基本にありますね。

感覚が近い子たちに楽しんでもらうための企画を生み出すことが多いので、「私が楽しいんだからみんなも楽しいはず!」って信じてます!というか、信じるしかない!(笑)

どのようにしてやりたいことや好きなジャンルを見つけていったんですか?

石:学生時代からとにかく興味があることは全部やってみるようにしていました。

とりあえずやってみないと何が自分に向いていて何が不得意なのかがわからないから。

その経験から何か得たものはありますか?

石:販売員時代も接客や商品の説明は好きだったけど、毎日同じ場所に立ってお客様を待つ、ということには向いていませんでした。

それもやってみなければわからなかったことだし、今の仕事にもその経験は役立っていると思います。

将来のキャリアを模索している時期に石山さんがやってて良かったなって思うことありますか?

石:私は学生時代にインターンを掛け持ちしてたんですが、かなりお勧めですよ。

インターンってお金はもらえないけどその仕事の現場を見ることができるし、社会の繋がりのようなものも感じ取ることができる素晴らしい体験を得られると思います。

お金だけではない魅力があるということですね。

石:はい。それに縦の繋がりだけではなく、共にインターンで働いた仲間たちとは今でも大切な友達で、仕事に関する情報もたくさん共有しています。

自分の世界を広げるという意味でもやって良かったなと今でも思います。

石山さんにとって“はたらく”とは?

石:うーん、すごくざっくりしているかもしれないけど、人生を豊かにするための経験や体験を得られるものですかね。

具体的にはどういったことですか?

石:仕事をしている方が断然人生が豊かになると思うんです。

色んなジャンルの知識も身について、人との出会いも増える。

巡り巡ったご縁で、一生出会えないような人と同じ目線でお仕事ができたり、信じられないような素敵な体験もできたりすることもあります。

なるほど。

石:週に5日仕事をするってことは、人生の多くの時間を仕事に費やしてるってこと。

それが楽しくないと人生に意味がないと思うので、好きを仕事にすることにこだわらず、仕事そのものを楽しんだもの勝ちだと思います!

石山 明日香さん(いしやま あすか)

PRディレクター/SNSディレクター

石山 明日香さん(いしやま あすか)

1989年8月6日生まれ。大学在学中からファッション雑誌やインテリア会社のインターンを経験。卒業後にシューズブランドで販売業を経た後、PR会社に転職。
PRディレクターとして活動する一方、SNSを駆使したSNSマーケティングを得意とし、大手ブランドや企業のパーティー招致やインフルエンサー企画を手掛ける。

最新の記事

ページトップ