• イベント
  • イベントレポート

CAMP SUMMIT 2019イベントレポート。新時代の“私らしいはたらき方”とは?

CAMP SUMMIT 2019イベントレポート。新時代の“私らしいはたらき方”とは?

2019年10月10日(木)、東京都港区の「SHARE GREEN MINAMI AOYAMA」にて、10月から本格化する秋冬インターンに合わせ、100名の学生と多様な社会人ゲストを招き、仕事をする上で大切にする自分の「価値観」や「はたらき方」について考える『CAMP SUMMIT 2019~知るほどに面白い はたらくの世界~』が開催されました。

全3部のトークセッションで構成される『CAMP SUMMIT 2019』。スペシャルゲスト達の「はたらく」についての考え方を間近で聞くことで、参加した学生たちにとっても学びや発見の多い時間となったようです。笑いあり、新たな発見ありの、熱気溢れる現場の模様をレポートします。

 

【第1部】セッション1「はたらくを考える」

和牛・高橋真麻が語る、“わたしのはたらく流儀”

和牛さんのスペシャル履歴書公開!「漫才以外の経験が自分の幅を広げる」芸人としてのモットーとは? 

第1部のトークセッションには、スペシャルゲストとして和牛さん、高橋真麻さんが登場。和牛さんは、この日のために作成した「はたらく履歴書」を公開し、CAMPキャプテン・はたらクリエイティブディレクターの佐藤裕と履歴書を見ながら、お二人がお笑い芸人の道に進んだ理由についてトークを展開しました。

水田さんは「昔から芸人になりたかったんですよ。一緒に芸人になりたいと思っていた仲の良い高校時代の同級生が、料理学校に行くと言っていたのでひとまず一緒に通おうと。結果として、調理師免許も取ることができました。」とお話され、色々な世界に飛び込むことで、予想できなかった様々な経験や得られるものがあるということが伝わるエピソードを披露。

和牛のお二人は、芸人になった今でも「根本的に漫才が“好き”だから頑張り続けられるんです」と、芸人としてのモットーや、頑張れる原動力について語り、お二人の“はたらく流儀”が伝わるトークセッションでした。

就活トレンドの自己PR動画、印象に残る決め手はオリジナリティと少しのユーモア!?

就活の場でトレンドになりつつある「自己PR動画」。和牛のお二人には事前に「CAMPのアンバサダーになるための自己PR動画」を撮影していただき、会場で披露されました。

水田さんは「CAMPのアンバサダーに選んでいただけたら役に立てると思う。学生さんにお菓子も配りますし。」と自己PRし、会場の笑いを誘いました。

それに対し、川西さんの真面目な動画が流されると、高橋さんから「お二人の内容のコントラストはわざとですか?」と質問。「水田はボケるとわかっていたので。」との川西さんのコメントで会場は和気あいあいとした雰囲気に包まれました。

また、高橋さんも急遽自己PRを披露。「CAMP(キャンプ)」の頭文字にちなんで、「“キャ”:客(きゃ)観的に物事を見ることができます。“ン”:ん?っと思ったことに対して自分で解決しようとするアプローチ力があり、恥ずかしがらずに人に聞いたり教えを請うことができます。“プ”:プラス思考なので、明るく元気に頑張ります!」と即興でスピーチを披露。会場から大きな拍手が巻き起こりました。

高橋さん、「腐らずに、そこで花を咲かせる努力が大切」

フジテレビアナウンサー時代のことを振り返る高橋さん。「一生懸命努力して入社したにも関わらず、コネ入社と言われて落ち込み、その気持ちが表に出てしまって番組に使ってもらえない時期もありました。

そういう負のスパイラルに陥っている中、父は『耐えろ。逃げる方法を覚えてしまうと、今後の人生、そういう癖がついてしまう。』と助言をくれました。その言葉のおかげで、乗り越えることができたんだと思います。

また、元々はニュース原稿を読みたいと思っていましたが、バラエティ番組で水に落ちたり、ハイキックされたり、お台場のステージで40日間連続で歌ったり(笑)、そういった経験を通して、私の別の可能性も周りの方に見出していただきました。」と、感慨深い様子でお話されました。

トークが上手くなるには?人気芸人・和牛から学生に直接アドバイス

トークセッションの終盤では学生からの質疑応答を実施。

「どうしたら和牛さんのように即興トークが上手くなりますか?」と質問を投げかけた学生に対し、水田さんは「僕は赤ちゃんの時から喋り慣れていますから。」とコメントし、会場は爆笑の渦に。一方、川西さんは、「みんな準備していないように見えるが、実はしっかりと事前に組み立てていると思います。即興に見えるだけですよ。」と水田さんとは対照的に真面目に学生にアドバイスをしていました。

また、佐藤から、“はたらいて笑う秘訣”は何か、と聞かれると、水田さんは「働く目的を考える。」、川西さんは「目標を立てる。」と、ほぼ一致の回答!コンビの結束力が伝わるトークセッションとなりました。

 

 

【第2部】セッション2「はたらき方の幅に出会う」

Part.1:大企業にこそ安定ではなく挑戦を求める

“会社が”ではなく、“私は”どうしたい?自分を信じてチャレンジを続けて

セッション2では、「はたらき方の幅に出会う」と題したトークセッションを開催。Part.1では、誰もが知る大企業に所属しながら、自らやりたいことを創り出すなど挑戦を続けている、サントリーホールディングス株式会社の菅原 久里子さん、丸紅従業員組合の小澤 悠さんをゲストにお招きし、挑戦することの難しさとやりがいを深堀りしました。

菅原さんは、「大企業だからこそできる、“多数の人を巻き込んで、一つのアイディアを素早くアウトプットして形にする経験”を、入社後すぐにできたこと。」が挑戦のきっかけだったと語られました。

また、佐藤から「大企業ならではの難しかったこと」について聞かれた小澤さんは、「歴史が長い分、過去の経験や成功体験に囚われがちになってしまうことです。」と回答。それに対し「大企業だからこそ出来たこと」という質問には、「会いたい人には必ずといっていいほど会えるという“ブランド力”が大企業にはあることです。」と話しました。

最後に、「大企業で安定志向にならずに挑戦するためのアドバイス」を佐藤から尋ねられると、菅原さんは「企業が主語ではなく“私”であることを間違わないで、自分の成長の可能性が無限であることを忘れずに色んなことにチャレンジしてください。」と学生たちにアドバイスを送りました。

 

Part.2:フィールドを拡げる“カンパニーフリー”なはたらき方

大切にしたいのは自分自身のはたらき方。会社を「やりたいことをやるため」の手段として考える

続くPart.2では、ひとつの「会社」という枠に縛られず、自分の意思ではたらき方を選び取り、新たなキャリアを切り拓いた、福岡ソフトバンクホークス株式会社の小山 亮さん、株式会社ビビッドガーデンの秋元 里奈さんをゲストに迎え、その挑戦の歴史と魅力を伺いました。

佐藤から「どのような時に会社を変えようと思ったのか?」と聞かれると、秋元さんは、「そもそも会社を変えようと思って会社を変えたのではなく、自分のやりたいことが会社で出来るのか、出来ないのかを考えた上でのことなんです。“会社”は、あくまでもやりたいことをやるための“手段”です。」と回答。会社に対するこだわりよりも、自分のはたらき方に対するこだわりを持っていることを明かしました。

また、そうした「カンパニーフリーの視点」について小山さんは、「会社を辞めるのはある意味簡単。だからこそ常に目的意識をもって、(今の会社で)出来ることをやりきる。それによって次のキャリアにもポジティブに繋がるはずです。」とお話されました。

参加した学生からは、「“大企業”であることや会社の名前に囚われず、“自分のやりたいこと”を軸に今後就活に取り組んでいきたい。」といった感想があり、「カンパニーフリー」というはたらき方があることの発見や、多様なはたらき方に触れ、新たな視点を得た様子でした。

 

 

【第3部】:セッション3「はたらくの裏側を知る」

知っているようで知らない、あの仕事の裏話

「自分なりの“Why?”を持ち、常にミーハーであること」が社会で活躍の場を広げる

仕事内容について掘り下げていくこのセッションでは、アディダス ジャパン株式会社の川松 健太郎さんと、アクセンチュア株式会社の志満津 加奈さんが登場。

川松さんがマーケッター、志満津さんがコンサルタントとして活躍する中で、佐藤に「働き始める前後で感じたギャップ」について尋ねられると、川松さんは「次々と情報が入ってくる中で、常にマルチタスクをこなし、KPIも追っていく。スポーツ選手と一緒に仕事ができて“キラキラ”している、“楽しい”だけの仕事では全くなかった。」と回答。

また川松さんが「現在はたらく上で大変なこと」として、「商品のジャンルごとに縦にカテゴリーが分かれている中で、戦略PRやSNSマーケティングは、カテゴリーを横断して、ブランド自体を俯瞰して見なければいけないこと。」と答えました。

志満津さんは、コンサルタントの仕事について、「コンサルタントというと“左脳的”と思われがちだが、クライアントと一緒に問題解決まで実践する、“行動力”も大切にされる仕事。」と、仕事を続ける上でのモチベーションやその魅力について語りました。

最後に学生に向けて、各職種で活躍するためのアドバイスとして、川松さんは「“ミーハー”であることが大切。その上で、トレンドがどこからきて、なぜ流行っているのか、という自分なりの“Why?”の視点をもって考えてみてください。」と話しました。

志満津さんは、「何事に対してもチャレンジしてください。また、自分なりの仮設や考えを持って、周りの人とのチームプレーや、コラボレーションすることを楽しんでください。」と語り、学生たちは未来の仕事に考えを巡らせている様子でした。

 

 

3部構成で多様なゲストの「はたらく価値観」についてお伺いした今回の「CAMP SUMMIT 2019~知るほどに面白い はたらくの世界~」。

多様なフィールドで活躍される社会人をゲストにお招きしたトークセッションを聞いた学生からは、「多様なはたらき方や価値観に触れ、自分の将来について改めてしっかりと考える機会となった。」といった感想が出るなど、将来のはたらき方や今後の就活についても、新たな発見を得られたようでした。また、セッション後には学生たちとゲストの皆様で自由に会話を楽しめるEAT&DRINKの時間も設けられ、はたらき方について、ゲストについて直接質問をする学生たちも多く見られました。

 

CAMPキャプテン・佐藤裕のコメント

「就活イベント」ではなく、「はたらくについて考えるイベント」というテーマにも関わらず、大学生の1~2年生から参加したり、高校生もいたりするなど、幅広い層の学生にお越しいただき、「はたらく」についての意識が高まっていること、また、早期化していることを改めて実感しました。イベント中に即席アンケートとして手を挙げてもらいましたが、起業したいと考えている学生が全体の2~3割いること、一方で、主体性がなく意見が言えない、周囲の様子を見て流されてしまうという学生も半数以上いるというコントラストが印象的でした。とはいえ、今のままではいけないという危機感は強く、何か知りたい、助けてもらいたいという意欲は高いようです。どこからスタートして良いか分からないけど、一歩は踏み出したいという学生が多くなってきたように感じます。

ご登壇いただいた社会人の皆様は、全員想いのある方々で、学生からみても勿論ですが、社会人からみても非常に魅力的です。そんな方々の話を聞けて、刺激を受ける環境をもっと増やしていかないと今後のキャリア教育の進化はなく、社会に期待をする若者が増えないと感じました。

最新の記事

ページトップ