ビジネスで主体性と思考力を鍛える

就活でも評価としては極めて重要且つ新社会人がスタートダッシュに必要な能力は多岐に渡りますが、その中でも「主体性と思考力」は学生時代に鍛えられるのに意識しないと引きあがらないものです。

そこで今年の関西学院大学のゼミでは主体性と思考力の引き上げをポイントに置いており、早くからリアルなビジネスに触れてもらいます。まずは現状把握の意味も含めて、限られた時間内で決められた条件の中で誰の指示もない中でグループを作ることを急に仕掛けてみました。

学生達の反応はさまざまで、
・時間内にグループを作れるか考え出す
・とりあえず思いついた考えを発言する
・周囲の動きを伺う
・外野に回り流れに従う
こんな風に分かれて、徐々にリーダーシップが生まれ、そこに周囲が乗っかるという形になり時間内に見事グループ化。

 

ここで大切なのはグループ化が達成した事ではなく、支持のないミッションの中でどんな思考になるのか?行動したのか?どんな立ち位置にまわったのか?この辺りが今の現状として捉えたいところ。この先のビジネスワーク、ゼミ活動、そして就職活動、社会でのリアルビジネス…どんな場面でも思考力や主体性の自己認知は重要です。今出来なくても、現状を理解することで普段の生活の意識が変わります。

 

社会(就活)で活躍するためには、「どんな経験をしたという事実」を綺麗にならべることではなく「どんな力を身に付けたか」の裏付けとして経験を意図的にすることです。是非、日々の大学生活に「まなび/能力開発の意識」を!!そして出来る限りビジネスに触れる事で自分の能力の現状把握をしてみましょう👍

 

はたらくを楽しもう!#797