新2回生から学ぶ社会のリアルと能力開発

大学は履修が終わり講義も本格的にスタートし始めて来ましたが、今年も関西学院大学での特殊ゼミ(キャリアワークショップ)やります!

インターンシップや就職活動では社会のリアルは掴めない。結果日本の就活は見えていない社会をミーハー的な意識、過去見て来たことで判断することが常識化してしまっている。故に、3年離職率は変わらないし、「就活の失敗」は繰り返されるのです。

就活の前から大学生が、
・社会のリアル/裏側を知る、体感する
・視野と価値観を柔軟に変革する
・社会で必要な能力開発を意図して行う
・人生の分岐点を考え抜く

こんなシンプルな行動・意識変革で就活は劇的に変わります。

 

未来志向から就活を捉える事が出来るので、
・本当に自分にとってどんな環境が良いのか?
・必要な能力は何か?
・やるべきことは?
などが可視化される。

 

そんなサポートが大学2回生向けの講義で出来たら。。というものが私の担当している特殊ゼミです。2018年度は過去最大の規模で講義はスタートしています。

 

本日Day1は、どうやって相手に自分を印象付けるのか?(顔や声、名前、その他趣味の深堀、他人から見えている自分、、など)1分で想いを届けることが出来ない理由は自分のどこにあるのかを知る!オリエンテーションを交えながら、初回で全員のプレゼンテーションを実施することで距離を詰め、全体の空気を調整してみましたが、大学2回生でこのゼミに挑戦しているということからも感じますが、主体性があって自分の変化や進化に期待しているパワーは強い。

 

今年も全力で彼らに向き合い、少しでも進化を遂げ社会で必要とされる知識や能力を開発していきたいと思います!

 

はたらくを楽しもう!#794