レジェンド達からまなぶもの

世界のヘルスケアカンパニーであるジョンソン・エンド・ジョンソン(通称JJ)の元バイスプレジデント、人事総務領域のスーパー顧問としてJJを支えた2人のレジェンドと1年半ぶりの再会をして来ました。現在の医療業界の給与制度のスタンダードを作り上げたと言われているお二人ですが、実は私の前職で出会った神と師匠です。いまでもお誘いを頂き可愛がってもらっています。

78歳、74歳というご年齢ですがまだ現役…顧問でお仕事したり…過去の人脈を使いながら社会貢献活動をしていたり驚くほど元気…そして日々をとにかく楽しんでいるお二人。いつお会いして話を聞いても刺激を受けるし今の自分を見つめ直すきっかけになる。その存在感やパワーはどこから来るのか?

私ながらの解釈としては…
・はたらくことは生活の一部にinclude
・日々を楽しむ意識と実践
・これまでのキャリアに誇りを持っている
・やりたいことを出来るだけの「力」がある
・自身の哲学を持っている
・勉強してる…

これから就活、社会人スタートでまだ方向感のない方には学びになるのでは?キャリアは決め込むよりも取り組みや意識で大きく変わるし、自分らしさが芽生えるものです。

 

元バイスプレジデントの山下さんがJJに転職したのは今の私と同じ歳。そこから30年近くJJを支え拡大に貢献、市場確立ととてつもない成果を成し遂げている。ご本人もそこに誇りを持っているし、はたらくというのは引退してから振り返り、残した成果を楽しむものなんて考えもまた痺れる。

 

そして、「はたらく」で得られるものとして重要なのは仲間。お二人は出会ってから40年…今でも上司と部下の関係ながら親友として家族を交えた関係になっている。お互いに何かあった場合は、家族の支援や諸々の約束が出来ている…そんな関係はやっぱり学生時代では仕上がらないもの。はたらくの中で人生観であったり、様々なドラマを共にして生涯の友になるのだと思います。自分にはまだそんな存在はいるのか?などこれまた考え深い。

 

食事の最後に「頑張り過ぎるな。でも自分にしか出来ないことがあるなら貫け」という言葉を頂きスイッチがまた切り替わったような気がしました。レジェンド達が進化を遂げるきっかけになった歳の自分を見つめ直してみたいと強烈に感じた夜でした👍やっぱり「はたらくで人は成長するし、年齢は関係ない。」

 

はたらくを楽しもう!#765