挑戦して環境を変えるからこそ、進化する!

関西学院大学の学長との定例会食は新年会として先日開催されました。私のフェローとしてのお仕事と今後の可能性に関してのディスカッションで盛り上がりました。特に就職活動市場の大きな変化(メガバンクのリストラやAIを意識した企業研究など)、そもそもの企業の前倒し採用活動に対して大学がすべき事は何か?そして、若年層の教育改革…毎度尽きないディスカッションの中で今回も学び、気付きを頂けました。

関西学院大学と言えば、ここ数年多方面で活動的で多くの仕掛けをして成果に繋げている。コンディションは良いしこの先もまだまだ改革が進みます。その仕掛け人はもちろん村田学長なのですが、なぜ?そんなにアクティブで、大学へのロイヤリティもあってそこまで頑張れるのか?今回も斬り込んでみました…すると返しはシンプル。

「まずは、仕事が楽しい。強い想いを叶える為に自分らしく前進あるのみ。それが仕事になってる。そして、どんどん新しい環境や難題に挑戦することで人は成長も、進化もする。未だに進化してるよ…」

 

話は盛り上がって人類の進化論にまで脱線しましたが…確かに地球環境の変化で人類は進化して来たし我々が生きている現代でも時代や環境変化で人は進化し成長しています。つまり身の回りの変化を捉えてそこに挑戦すると進化(成長)できるということ。確かに村田学長に出会った5年前と今を比較すると圧倒的にパワーアップしている…本当に凄いとお会いするたびに思う…

環境を変える事が目的になってはいけない。大事なのは小さくても大きくても挑戦し続けること。それが人の進化(成長)に繋がり、ありたい自分に近づき…はたらくを楽しむことになるのです!

 

はたらくを楽しもう!#754