グローバルキャリアの作り方!?

ここ数年「グローバル人材」という言葉はもはや当たり前になって来ましたが、学生はその本質を理解しているケースは少ない。

海外で働いている優秀な社会人…英語が話せる社会人…

これまでも大学の授業で「真のグローバル人材とは」というテーマで学生にその意味や実態を含め伝えて来ましたが、現在海外と日本を行き来する社会人ゲストという事で、ベトナムでインテリジェンスの人材ビジネスやIT領域を責任者という立場で活躍している里吉さんをお招きして「グローバル」という切り口で講義をして頂きました!ゼミには2年ぶりの登壇です。

 

そもそもグローバル人材って?そして、グローバルキャリアの作り方とは?という大学生からすると今後の方向性を模索する際に大きなヒントになるテーマでした。

 

①なぜ世界に出るのか

②とにかく旅行をする

③言語スキルは必要か

④世界のウミガメに

⑤21世紀はインドの世紀

⑥刺身と顧客サービス

 

上記に加えて里吉さんの学生時代から就職活躍、1社目からアクセンチュア時代、さらにはインテリジェンスでのベトナム拠点の立ち上げから今日に至るまで…と幅広いお話を実体験をもとに学生にインプットして頂きました。

 

講義を受けた学生の反応は、これまで認識していたグローバル人材、キャリアと実態は異なる…という刺激。特に言語(英語)については学生の印象には強く残ったようです。実際に海外でビジネスをしていると…日本人が英語を話す事は凄い事ではなく当たり前になっている。一方で日本人なのに…フランス語やアラビア語、ロシア語、ポルトガル語が使える事で驚かれ価値となるという話。そして、世界地図レベルでどの地域でどの言語がメインで使われているかを知ると言う感覚も新鮮でした。

 

これからグローバルという視点で未来を見ている学生は、これまでの知識や常識を一度疑ってみて下さい!大事なのはリアルです!!

 

里吉さんのメッセージにもありましたが、書籍の知識は薄れ、忘れてしまう可能性がありますが実際に旅行でも何でも海外での実体験は体に染み込んだ思い出となり忘れる事のない経験になります。まずは一歩踏み出してみましょう!!

 

※グローバル人材、グローバルキャリアについて向き合ってみたい方はまずは体験。そして海外ではたらくリアルを体験しましょう!CAMPではこのあたりも支援していきたいと考えてます!!

 

はたらくを楽しもう!#716

CAMPキャプテン/はたらクリエイティブディレクター

佐藤 裕