キャプテンコラム

CAMPキャプテン、はたらクリエイティブディレクターの佐藤裕によるコラム。
「はたらくを楽しむ」ためのヒントを随時紹介していきます。

2ランク上の世界を体現して見えるもの

2ランク上の世界を体現して見えるもの

新規事業開発の経験者と合宿を通じて向き合い、語り…圧倒的な力の差を痛感して…そして学ぶ。そこで学生の戦闘力は引き上げることは出来るのか?先週東京の精鋭達がヘロヘロになったプログラム「BRIDGE」の関西版に再度潜入!!2週にわたり「BRIDGE」のメンターとして参加してくれた2人の社会人によって選抜された学生達が何を得たのか?人を育てるという事の意味をまた考えさせられる機会になりました!

【メンター】ちょっと2ランクではすまない位レベル上ですが…
◎新卒で経営企画配属となり、いきなり役員会事務局、全社予算管理、M&Aなどに関わる。そこから事業企画のキャリアを積み新規サービス開発・新規事業開発領域に移り2016年からイノベーション事業部にて新規事業の企画・開発、企業アライアンス、インベストメントなどに関わる。

◎新卒でIT/Web系インダストリーにて転職サイトの法人営業。マネジメント経験まで積み、社内ベンチャーファンド制度で資金調達に成功して歴代最年少で新規事業の立ち上げを行う。現在はInnovation Lab.にてHR Tech領域で事業を推進。

これまで学生生活の中で新規事業立案の経験がある、なしに関わらず本気でビジネスを創る中で2人のメンターがサポート、時に厳しい指導をするわけですが、学生にはとって大事なのは…考え方や新しい価値観を得る事やテクニック、スキルを学ぶ事も貴重ですが…最も大事なのは…下記2つです。

▶︎自己認知
思っていたように出来ない自分、井の中の蛙だった…他の大学にはこんな凄い学生が…これまでの文化、価値観では追いつかない…社会人との差は何なんだ…
などの気付きが最も重要です。素直にそこを感じれるか。そこが本当の成長の始まりです。

▶︎リフレクション
初めての体験やレベルの違いで感じる感覚的な感情や何となく…という捉えきれなさ…ここをしっかりリフレクションして言語化、可視化する事を意識して欲しいです。
「な〜んかうまくいかない」ではなくそれはなぜ?を繰り返して…「これまでのコミュニティと文化、価値観が異なるので自分がロジカルだと思っていたがそうではなかった。そのズレが上手くいかない原因である…」くらいのリアリティを持って起きた事象を捉えて欲しいです。

つまり、高いレベルで経験した事が価値だったり、プラスになるものではなく…高いレベルだからこそ自分の足りない部分が、浮き彫りになるのです。故にプライドが邪魔していつもと違う…今日はコンディションが…なんて事になると全く自己認知は高まりませんね…
成長は、「気付き」から始まり「気付いた事を修正したり開発する意識と努力」そして「無意識に気付きが改善したり、レベルアップしている」ここまでのストーリーがポイントです。是非、いつものコミュニティ、近しい先輩ではなく「2ランク以上」上の世界に身を置いて素直に今の自分と向き合いましょう!

はたらくを楽しもう!#729

CAMPキャプテン/はたらクリエイティブディレクター
佐藤 裕

\ 活動内容は随時SNSで更新していきます! /
pagetop