ちょっと韓国はソウルまで…

タイムリー且つ話題の韓国ソウルまでやって来ました!2017年装いを新たに一歩踏み出した…

CSR活動の「CAMP」
-CareerActiveManagementProgram-

は日本だけに留まらずCSR活動として我々が出来る事があれば海外でも学生応援を実施します!

今回は韓国ソウルで日本で働きたい若者と向き合いチャンスがあれば日本での就職に繋がる支援をしますし、講演や個別相談を通じて日本のはたらく、就職、転職について語ります!そもそも文化や価値観などまでインプット出来ればと思います!!

※韓国の学生と向き合って毎回感じる事…

CAMPの活動で常に伝えている事ですが、やはり日本人は自分の人生を考える時間が短いと思います。大学3年生になって急に就活がスタートする不思議…そして世界的にも独特の文化である「就職活動」は目的と手段が曖昧になりがちで入社後のミスマッチは年々増えている…

・はたらく事へのネガティヴイメージ
・就職活動が面倒なのでギリギリまで考えたくない
・今が楽しいのではたらくは考えたくない
・先輩達が3年からスタートして内定取ってるから安心
・周りがそうだから…

大切なのは、今なのか?内定獲得する事?社会人デビューする事?
3年でネガティヴで離職する現実…28歳くらいで就職活動を後悔したり、人生を諦めたり…学生が考える人生において何が大切なのでしょうか??

韓国だけでなく、海外の学生は、まずハングリー精神が強い。圧倒的な競争社会、時に差別・格差問題から学費問題まである…それでも未来の自分の為に資金を捻出して学びを得る…遊びではなく本質を捉えた留学…ビジネス経験を積む…ここにどんな志向の違いがあるのか?

どちらが正解という話でもなく環境や文化の違いは大きいのは事実。ただ、自分の人生と向き合う…人生の分岐点をしっかり捕まえるのは国は関係なく重要な事。特に今の日本の就職市場における社会問題とまで言われている若者の早期離職は、ここがポイントだと考えます。就職活動がスタートしてからではなく、その前が勝負です!!CAMPではこの辺りの…
「これまで触れられて来なかった本質」
に向き合いたいと考えています!

はたらくを楽しもう!#704